猫と大切な命

(記事タイトル・)

一人暮らしを初めて、1人が寂しくなってしまいペットを飼おうと思い里親募集サイトから引き取りました。

里親のサイトは初めての利用でしたので、とても不安でしたが、動物愛護法などで身分証の提示や虐待防止の為の約束をする誓約書など、とてもしっかりしていました。

最初は画像のみ見て決めました。生まれて2週間程のとても小さな子猫でした。一目見てとても可愛らしく、守ってあげたいと思い引き取りを決意しました。

当初は気軽な気持ちで募集している方とやり取りをしていたのですが、本当に小さな子猫でミルクから始まり、排泄も促してあげなければいけないよと言われ迷いました。

ネットでの情報を集め、準備を整えて迎えに行きました。本当にとても小さく、保護した方はご家族の方で娘さんもとても寂しそうでしたが、私が責任を持って育てますと誓いました。

小さな命を預かるという事を初めてしてみて本当に良い体験でした。猫の幸せそうな顔を見ているとこちらまで幸せな気分になります。

猫の里親さんを探す立場になって気づいたこと

(見出しタイトル・)

実家の方では、お婆ちゃんが猫嫌いで飼う事が出来ませんでしたが、一人暮らしを始めたキッカケに里親を決意しました。

初めて小さな子猫を見たお婆ちゃんはとても可愛らしいと喜んでいました。

次に来た時は猫の為に沢山の御飯を買って来ていて、猫も嬉しそうにお婆ちゃんに寄り添っていました。

私自身も、自宅に猫好きの友達を招く事がとても多くなり、周りが猫好きが増えていきました。

 

今の猫を引き取って四年が経ち、ついこの間家の下で小さな子猫を保護しました。

ですが、私の家は1匹までしか飼えないのと、大切な命の事を考え里親を探す立場になりました。

1匹の猫でもお世話がとても大変なのを実感しましたので、その事も踏まえて新しい里親を探している最中です。

その中で気付いたのは、里親は簡単に見付からないという事です。私がこの子を引き取ったのは本当に運命に近いものがあったのかなと思います。

現在里親さんが無事に見つかり幸せに過ごしているようでとても安心しました。幸せになってほしいと心から思います。