黒猫の里親になったのは、魔女の宅急便に憧れてたから

(記事タイトル・)

以前から動物が好きで、子どもの頃から猫と犬、金魚が居ましたが、先に先住猫が死に、次に犬も亡くなり、しまいには金魚もいなくなり寂しくなりました。

シーンとなった半年過ぎたぐらいに、過去に一緒に働いた方から突然、お食事の招待が来て、その際に家で飼っている猫が子供を産んだが貰い手が居ないと聞き、早速写真を見せてもらい、家族と相談して買うことを決めました。

頂いた子猫がうちへ来たのは、生まれて2ヶ月程で、その猫は、私自身、映画の魔女の宅急便に出てくる主人公のお供をする黒猫ジジに憧れており、ずっと欲しかった黒猫でした。

写真を見た時は正直あんまり可愛くは無かったのですが、家族と相談した中で、先住猫が女の子で育てやすかったこともあり、今回もらうことになった際も他に2匹居ましたが、唯一の女の子であった黒猫の女の子になりました。

今思えば、里親になるために一緒に働いた人と久しぶりに会ったような感じでした。うちの猫とは必ず出会う運命だったのかなと思います。

猫の里親になったことで増えた家族の会話

(見出しタイトル・)

ちょうど、家に飼っていた老犬が亡くなり、半年。家の中でも何か静かな日々で悲しい空気が漂っていました。

私が小さい時から居た、犬、先住猫、金魚もいなくなり、本当に変な空気でした。犬のご飯の時間になれば、あげなきゃと行動が出るほど、ペットロスのような感じでした。

そのときに猫を里親になるというお話を聞いて、家族からもあっさりOKをもらい、子猫が来た時は、本当に楽しい空気が流れました。

子どもの時からいる状態と社会人になってから飼う感じとは全く違い、猫に対して、本当にお金をかけてしまう程、溺愛してしまっています。

親も私が子どものときは違い、久しぶりのかわいいペットに対してメロメロになっています。

シーンとしていた状態が改めて猫を受け入れて新たな発見が見えて本当に良かったと思っています。

先住猫はあまり長生き出来なかったので、現猫にはかなり健康に気を使っています。

本当にバカ親になってしまうほどに今は猫を溺愛しています。また、機会があれば、里親として迎えたいと思っています。