愛さずにはいられないオレンジネコ・人のエゴで捨てられてしまった子猫を助けるためには

愛さずにはいられないオレンジネコ・人のエゴで捨てられてしまった子猫を助けるためには

もともとうちにはオウムが5羽います。それでネコは家の中では飼えません。

ところが去年の夏のある日、とても人懐こいオレンジネコがうちのビルの入り口に現れ、ミャオミャオ鳴くのです。

食べ物をねだっているのですが、だれも何も与えないと、今度は隣りのビルの入り口に行って鳴きます。

食べ物は、人間が与えるべきだと信じている様子です。

人が外へ出ていくと、足元にまとわりついて、なかなか歩けません。

他の野良猫は人間を見ると逃げていくのに、このネコはかなり違った行動をとります。

それで人間の方が少し怖がることが多く、これだけ人に寄ってくるのは病気に違いないと言い出す人や、逃げ出す子どももいます。

私は動物好きなので、とてもかわいいと思い、一度缶詰のツナを与えたら、もうそれ以来お友達になってしまいました。

後でわかったことによると、向かいのビルに住んでいた人の飼い猫だったのが、その人の引っ越しとともに家無しネコになってしまったらしいのです。

ゴミ捨て場からは食べないので、外見もとてもきれいです。

それで彼女は私のネコ友になりました。

猫にエサをあげるべきかどうか迷う日々

猫にエサをあげるべきかどうか迷う日々

次女は私同様の動物好きです。シェルターにボランティアに行っていたこともあり、ご近所の飼い犬の散歩を手伝ったりもします。だから、このネコにも好意的です。

ただ困ったことに、ご近所ではこのネコの例外的な行動を必要以上に怖がる人がいて、私がこのオレンジネコに餌をやることに苦情を言う人もいます。

長女は動物を怖がるので、間違っても裏庭のドアからネコが入ってきて、餌をもらっていることを知らせるわけにはいきません。

一度か二度、ネコと長女が遭遇したときには、長女の悲鳴が天井を貫きました。

あとは、毎日このネコに餌をやるべきか、やるべきでないか、の会話がこの1年ほど延々と続いています。

ただ、時々朝4時から2時間ぐらいも台所の窓の下で辛抱強く朝食を待っていられると、餌をやらないわけにいかない状況に、私も追いやられます。

長女はもうすぐ結婚するからいいとしても、早く近所の人に文句を言われずに、このネコを安心して飼える環境になるといいなと思っています。

捨てられた子猫を救え!

捨てられた子猫を救え!

小学生だった頃、近所の友人宅前の公園に子猫が捨てられていました。

正義心からこの猫を何とかしたいと家へ持ち帰り、母親を説得したが最初うちでは飼えないと断られ、知人に飼えないか聞きに回ったりしましたが誰も飼ってくれる人はいませんでした。

その日の夜は友人宅にお願いし、子猫を預かってもらうことにしました。

寒い日だったのですが駐車場にダンボールを置きその中で過ごしていたようです。

次の日様子を見に行くと、子猫が弱っていました。

慌てて動物病院に連れて行き事情を話すと、先生は診察をしてくれその日は温かい病院で預かってくれました。

いま思うと、お金を持っていない小学生の話を真剣に聞き診察をしてくれた先生に感謝しかありません。

数日経ち、私の母へ動物病院から連絡が入り、様子を見に行きました。

母は一生懸命な私の姿を見て家で飼ってもいいと言ってくれ、子猫を家に連れて帰ってきました。

しかし数日後、子猫は死んでしまいました。動物病院の先生から母へ、もう長くないと伝えていたようです。

数日間子猫と一緒の時間を過ごして

数日間子猫と一緒の時間を過ごして

捨て猫だった子猫を自宅へ持ち帰り、数日の間ですが子猫と一緒に過ごし命を大切にする気持ちが強くなりました。

子猫は何を食べるのかな?とか室温はどれくらいが良いのか?など調べるうちに、自分のことよりも大事なものになりました。

小さな子猫が一生懸命生きる姿を見て、何とか助けてあげたいという気持ちが強くなり、またその姿にたくさんの人が協力をしてくれました。

本当にあの時は一生懸命だったと思います。

その後の私の将来の夢は獣医になり、動物の命を救いたいと思うようになりました。

学校では飼育係になり、長期休暇の間は、学校で飼っているハムスターを自宅へ連れて帰ってきたりしました。

妹たちも命を育てることを通して、優しい気持ちが芽生えたのではと思います。

家族で掃除当番を決めたり、一緒に遊んだり、会話が増えました。

現在、妹は猫ではありませんが犬を飼っています。

一歳になる息子ともとても仲が良く、兄弟のように過ごしているようです。

1人暮らしで猫を飼うということ

(記事タイトル・)

猫は仔猫、成猫を含めて何度も引き取って育てた事があります。

子供の頃、猫を飼っていて良い思い出がありまして、野良であった美しい黒猫の雌が家(アパート)に出入りするようになり、やがて押し入れで仔猫を数匹産みました。

三匹が大きく育ったのですが、それらもそれぞれ個性は有るものの、雄の黒猫でよく人に懐いてくれました。

彼らとは悲劇的な別れをしてしまいましたが、猫が居ると脊椎反射的に構ったり写真を撮ってしまう習慣が残り、そして現在地域猫の見守り(非公認)をしております。

数年前、上記の事が下敷きにあって、ある時仔猫が母猫とは別にウロウロして鳴いていたのでSNSに投稿したら、フレンドの女性より「保護して下さい」と懇願されたので、保護をしました。(今まで数回、同じような経験有り)

近くには猫を飼っているホームレスもいるし、母猫も戻ってくるかもしれないので非常に迷いましたが、一時引き取る事にしました。

一応、他の引き取り手もSNS等で探しましたが、特に反応も無かったので自分で飼う事になります(周りの友人も皆、既に多頭飼いしているのです)。

猫の去勢手術は必要だと思います

 

(見出しタイトル・)

猫を飼うのは初めてでは無かったですが、室内で仔猫を飼うのは久し振りで、ミルクや必要品等、ペットショップへの買い出しなどは少々面倒臭いものです。

それに、家族の皆が猫好きなので特に問題は無いのですが、隣近所、特に下の階の部屋に仔猫が床を元気に走る音などを聞き咎められることがままありました。(ちなみに当時は実はペット禁止だったかもしれないが、今は解禁になっている)

また、油断するとベランダや玄関から逃げ出すので注意していました。(以前、一匹逃げ出して隣の家の猫になってしまった事もある)

もしかして押し入れに入って干からびて死んでるんじゃないか、そんな夢を今でも見る事があります。

家の中が毛だらけになる事、臭くなる事、傷が付く事に閉口して母方の実家に預けてしまった事もありますが、当時自分の信条も有り去勢をしていなかったので、結果的には良かったと思います。

その猫も隣人のせいで悲劇的な別れがありましたが、それ以後は猫と一緒に住む(特に室内で)為に、去勢は必要だと感じるようになりました。

子供が出来なかった私達夫婦の元に気て来れた猫

(記事タイトル)

夫が猫が好きで、ずっと飼いたがっていました。しかし、賃貸住まいである事、子供がほしい事、共働きで昼間に不在になる事、を理由に私は反対していました。

でも、夫は自分の中で猫を飼う事を決めていた様で、私も猫に会えば気が変わると思っていた様です。

そんな夫の、とにかく会うだけ会って欲しいという熱意に負けて、会いに行くのを了承しました。

相手の方は、野良猫を保護して飼い主を探すという活動をしている方で、ご自身ではその中でも持病のある猫を飼っていました。

今回里子に出されていた猫は、その子の兄弟と共に見つかったのですが、他の猫は残念ながら亡くなっていたそうです。親猫の育児放棄の様でした。

とても愛らしい子で、本当はご自身で世話をしたかったそうです。他の猫もいるため諦め、大事にしてくれる方に貰って欲しいとの事でした。

会ってみると、確かに愛らしい、産まれて何ヶ月かの子猫ちゃんでした。どんなに可愛くても飼わないと決めていた私ですが、想像をはるかに超える可愛さに、引き取る決心をしてしまいました。

それからすぐにペットの飼育できる部屋に引っ越しを決め、準備を整え、そこ猫を我が家に迎え入れる事にしました。

その猫に会って一目惚れですね、完全に。

娘の代わりになってくれた大切な家族

(見出しタイトル)

私たち夫婦は猫を引き取って以降も、妊娠を望んでいたのですが、残念ながら恵まれませんでした。

子供を授かる事が出来ない辛さや虚しさから心にゆとりがなくなり、ケンカも多くなっていました。だんだんと夫婦の会話も減っていたところでした。

でも猫が私たち夫婦を癒してくれました。その猫が我が子の様で、いつも話題は猫の話でした。

今日はどんな事があったとか、可愛い写真が撮れたとか、昼間に2人がいない時の対策を話し合ったりして自然に会話が増えました。

また、夫との喧嘩や仕事の事で落ち込んで1人涙するとき、側に寄り添ってくれる猫の温かみに余計涙を誘われました。

1人じゃ無い事がとても心強く感じました。

夫もまた、私と上手くいかない時、猫と戯れる事で心のバランスを取っていた様です。だんだんと猫のために仕事を頑張って、早く帰る様になりました。

休日の日課に猫と遊ぶ事が定着していきました。我が家にとっては子は鎹の子とは、猫だったのです。

Twitterで回ってきた猫の里親さん情報をみて、猫の里親になった体験談

(記事タイトル・)

小さい頃から猫を飼っていて猫が大好きでした。

実家を離れて旦那と2人で暮らしていましたが、私は専業主婦で旦那はお仕事があります。時々寂しいな?と思うことがありました。

そんな時に、ツイッターで捨て猫が保護されたという情報が回ってきて、私の地元だったので旦那と相談してその猫をもらうことにしました。

旦那も元々猫が好きで、すぐにお許しが出てよかったです。

自分が寂しい気持ちもありましたが、捨て猫とかの情報が回ってくるとなんだか放っておけない気持ちになります。

こんな可愛い子をなんで捨てるんだろう。捨てる時、その人はどんな気持ちで捨てていくんだろう。色々考えてしまいます。

でもせっかく生まれてきたのに、生まれてすぐ死ぬことなんてないじゃないですか。猛暑の日に置き去りにされる子。極寒の日に置き去りにされる子。生まれてきてつらい思いしてすぐ死ぬことなんてないじゃないですか。

せっかく生まれてきたんだから、一緒に暮らしてたくさん思い出作って、たくさん食べてたくさん寝て。

捨て猫や保健所などにいる全ての猫と暮らしていくのは無理ですが、幸せな猫が1匹でも増えるといいなと思い、今の猫ちゃんをもらいました。

旦那と猫ちゃんと私

(見出しタイトル・)

元々家には先住猫ちゃんがいましたが、もう1匹増えてとても賑やかになりました!

外出する時に猫1匹でお留守番させるのにとても抵抗がありました。とても寂しがり屋な子だったので。いつも出かける前はニャーニャー鳴いていました。

新しい猫ちゃんをもらって、初対面させる時はとてもドキドキしましたが、先住猫ちゃんがやさしい優しい…。ペロペロ体を舐めてあげたりしていました。

その姿を見て可愛くて可愛くて旦那と2人でとろけちゃいました(笑)今でも2匹とも仲良く遊んでいて、見ていてほっこりします。

オモチャを見せると大興奮で、旦那と猫ちゃんたちとみんなで遊んでいます。

先住猫ちゃん1匹の時は、旦那はスマホをいじることが多くあまり遊んであげていなかったですが、今ではなぜかたくさん遊ぶようになりました。

私もギャーギャー騒いで、ちょっと近所迷惑が気になります。気をつけないと(笑)

それと実家から母と父が猫を見に来たりして話す機会が多くなりました。

猫ちゃんのおかげで旦那とはより仲良くなり、母や父と会って話す機会が増えました。感謝ですね。

猫の里親を探しているボランティア団体とのご縁でつながった我が家の猫

(記事タイトル・)

母の代からずっと猫を飼ってきた、猫好き家族だったので、先代の猫が老衰で亡くなったのをきっかけに新しい猫を迎えようと決めていました。

猫がいる事が当り前の生活だったので、これまでも飼っていた猫が亡くなったら新しい子を迎える、というのがさも当然の事のように繰り返してきていたのです。

ただ、一度もペットショップでは買った事はなく、捨て猫や知り合いから譲ってもらった猫ばかりでしたので、購入するという選択肢はもともと考えていませんでした。

が、先代猫が生きていた17年の間に世の中の猫事情は変わってしまったようで、捨て猫はおらず、知人の間でも避妊、去勢のため子猫はほぼおりませんでした。

どうしようか思い、ネットで調べて里親を探しているボランティア団体がある事を知りました。

特に、この種類の純血種がいい、という希望はなく、縁がある猫ならどんな子でも、というスタンスでしたので、こうしたボランティア団体から引き取る事に決めました。

家族とのコミュニケーションが増えたことが何よりの幸せ

(見出しタイトル・)

当然の事ながら、お世話が増えるので、仕事は増えます。

が、ずっとこうした生活を送ってきているので、逆になくなってしまう事の方が苦痛でした。

ですので、我が家にとってはそうした事は当り前の事なので、新しい猫がやってきて、やっともとの生活のリズムに戻った、という感じでした。

ただ、想定外だったのは、子猫だったので遊ぶ時間が長い事です。頭の中では分かっていたものの、ずっと老猫との暮らしが長かった私たちにとっては、予想以上の大変さでした。

幸いにも、よく遊ぶ子ではありましたが、いたずらをする子ではなかったので、まだ良かったのだと思いますが、かなり体力は消耗しました。

これまで、何度も子猫を育ててきましたが、先代猫が産んだ子を育てて以降はまったく子猫と関わってきていなかった事もあり、「子猫ってこんなに大変だったかな?」と苦笑いしていました。

今では3歳になり、ようやく落ち着き始めていますが、やはり猫がいると家族間のコミュニケーションは和やかになります。

話題も増えるので、自然と会話も増えると思います。

猫特有だと思いますが、猫が快適な生活を送れるようにと考慮すると、自然と家族そのものが猫を中心に生活するようになります。そうする事で、一体感が生まれるのかもしれません。

もしかしたら、それがあるから我が家はずっとペットを飼い続けてきているのかも知れない、と思う事もあります。

兄から引き取ってきた猫と私の関係

(記事タイトル・)

もともと飼っていた猫がいなくなってしまい、探しても見つからず悲しく思っていました。

そんなときに、兄が飼っていた猫のかかりつけの病院で里親募集をしていました。兄が一匹飼うことにしました。

そして、もともと兄が飼っていた猫との間に仔猫が三匹産まれました。私は一匹をもらい飼うことにしました。

ところが、その猫は去勢手術をした際、病院で亡くなってしまいました。家に来てからたった2年でした。

突然の別れで、悲しくて悲しくて毎日泣いて過ごしていました。去勢手術なんてしなければよかった。と、責めていました。

 

そんな日が続いていたのですが、兄のところで産まれた他の2匹の猫のうちメスの子(他の人にもらわれていった子です)に仔猫が産まれたと聞きました。

家にいた猫の血の繋がりのある猫です。家の猫から見たら姪っ子甥っ子になりますね。

すぐに会いに行き、どの猫も可愛かったのですが、顔も柄も一番似ていた子を家族にすることにしました。

何も言わなくても寄り添ってきてくれる大切な家族

(見出しタイトル・)

猫がきたことで家族との会話は猫の話ばかりになりました。

来てから1年後に私が妊娠したのですが、猫は お腹に耳を当てるように寝たりと、分かるのかな?と家族で話していました。

子どもが産まれてからは、 前々から穏やかだった猫が更に穏やかになり、赤ちゃんと少し離れた場所で一緒に寝ていたりと、子育てをしてるかのようでした。

段々と自分より大きくなる息子に、 腕を ギュッて突然持たれても動じず、 大丈夫だよ。と言ってるようにも見えました。

そして、息子が幼稚園に行くようになると、私が猫ばかり可愛がっている!と猫に対してヤキモチを妬くようになりました。息子は猫は好きだけどズルいよ。とよく言っていました。

 

そんなこともあったのですが、家に猫が来てから15年。息子も大きくなり 今ではべったりです。

家族に嫌なことがあった時、悲しい思いをした時、何も言わなくてもその思いを感じとるのかそっと側にきてくれます。

旅行に行った時、一匹にはさせてないのですが、私と息子は猫に会えないのが寂しくて、今なにやってるかな?ご飯ちょうだい。って言ってるかな?外に遊びに行ってるのかもね。などと、そんな話しばかりしています。

家の猫は 穏やかで どっしりと構えているタイプなのですが、私と息子の喧嘩を見るのが嫌いです。大きな声で言い争っているのを見ると、走って外へ出てしまいます。

その時の猫の顔がすごく悲しそうに見えるので、 私と息子はなるべく大声を出さないように。そして、喧嘩もしないようにしようね。と、気を付けるようになりました。

猫と大切な命

(記事タイトル・)

一人暮らしを初めて、1人が寂しくなってしまいペットを飼おうと思い里親募集サイトから引き取りました。

里親のサイトは初めての利用でしたので、とても不安でしたが、動物愛護法などで身分証の提示や虐待防止の為の約束をする誓約書など、とてもしっかりしていました。

最初は画像のみ見て決めました。生まれて2週間程のとても小さな子猫でした。一目見てとても可愛らしく、守ってあげたいと思い引き取りを決意しました。

当初は気軽な気持ちで募集している方とやり取りをしていたのですが、本当に小さな子猫でミルクから始まり、排泄も促してあげなければいけないよと言われ迷いました。

ネットでの情報を集め、準備を整えて迎えに行きました。本当にとても小さく、保護した方はご家族の方で娘さんもとても寂しそうでしたが、私が責任を持って育てますと誓いました。

小さな命を預かるという事を初めてしてみて本当に良い体験でした。猫の幸せそうな顔を見ているとこちらまで幸せな気分になります。

猫の里親さんを探す立場になって気づいたこと

(見出しタイトル・)

実家の方では、お婆ちゃんが猫嫌いで飼う事が出来ませんでしたが、一人暮らしを始めたキッカケに里親を決意しました。

初めて小さな子猫を見たお婆ちゃんはとても可愛らしいと喜んでいました。

次に来た時は猫の為に沢山の御飯を買って来ていて、猫も嬉しそうにお婆ちゃんに寄り添っていました。

私自身も、自宅に猫好きの友達を招く事がとても多くなり、周りが猫好きが増えていきました。

 

今の猫を引き取って四年が経ち、ついこの間家の下で小さな子猫を保護しました。

ですが、私の家は1匹までしか飼えないのと、大切な命の事を考え里親を探す立場になりました。

1匹の猫でもお世話がとても大変なのを実感しましたので、その事も踏まえて新しい里親を探している最中です。

その中で気付いたのは、里親は簡単に見付からないという事です。私がこの子を引き取ったのは本当に運命に近いものがあったのかなと思います。

現在里親さんが無事に見つかり幸せに過ごしているようでとても安心しました。幸せになってほしいと心から思います。

黒猫の里親になったのは、魔女の宅急便に憧れてたから

(記事タイトル・)

以前から動物が好きで、子どもの頃から猫と犬、金魚が居ましたが、先に先住猫が死に、次に犬も亡くなり、しまいには金魚もいなくなり寂しくなりました。

シーンとなった半年過ぎたぐらいに、過去に一緒に働いた方から突然、お食事の招待が来て、その際に家で飼っている猫が子供を産んだが貰い手が居ないと聞き、早速写真を見せてもらい、家族と相談して買うことを決めました。

頂いた子猫がうちへ来たのは、生まれて2ヶ月程で、その猫は、私自身、映画の魔女の宅急便に出てくる主人公のお供をする黒猫ジジに憧れており、ずっと欲しかった黒猫でした。

写真を見た時は正直あんまり可愛くは無かったのですが、家族と相談した中で、先住猫が女の子で育てやすかったこともあり、今回もらうことになった際も他に2匹居ましたが、唯一の女の子であった黒猫の女の子になりました。

今思えば、里親になるために一緒に働いた人と久しぶりに会ったような感じでした。うちの猫とは必ず出会う運命だったのかなと思います。

猫の里親になったことで増えた家族の会話

(見出しタイトル・)

ちょうど、家に飼っていた老犬が亡くなり、半年。家の中でも何か静かな日々で悲しい空気が漂っていました。

私が小さい時から居た、犬、先住猫、金魚もいなくなり、本当に変な空気でした。犬のご飯の時間になれば、あげなきゃと行動が出るほど、ペットロスのような感じでした。

そのときに猫を里親になるというお話を聞いて、家族からもあっさりOKをもらい、子猫が来た時は、本当に楽しい空気が流れました。

子どもの時からいる状態と社会人になってから飼う感じとは全く違い、猫に対して、本当にお金をかけてしまう程、溺愛してしまっています。

親も私が子どものときは違い、久しぶりのかわいいペットに対してメロメロになっています。

シーンとしていた状態が改めて猫を受け入れて新たな発見が見えて本当に良かったと思っています。

先住猫はあまり長生き出来なかったので、現猫にはかなり健康に気を使っています。

本当にバカ親になってしまうほどに今は猫を溺愛しています。また、機会があれば、里親として迎えたいと思っています。

友人から引き取った猫へ。家族になってくれてありがとう

(記事タイトル・)

実家でも猫を飼っていて捨猫、捨て犬を保護して飼っていたので里親になることも何の違和感もありませんでした。

猫好きで猫を飼ってる友人がかかりつけの動物病院で保護猫を飼ってくれないかと獣医師に頼まれて連れて帰ったは良いですが、1ヶ月たっても先住猫と仲良くできなくてこのまま飼う事はできないと頼まれたことがきっかけで我が家に来ることになりました。

私も一人暮らしで、我が家にも先住猫の立派なおばあちゃん猫を飼っていましたが、温和な性格の猫なので大丈夫だろうと思って連れて帰りました。

案の定お互い興味を持ち、威嚇もせずご対面できました。トイレなどもしつけ済みなので手のかかることもなく、先住猫に任せたところしっかりとお世話してくれました。

そんな先住猫もスーパーの袋に縛られて捨てられてるのを拾った子です。

今では先住猫が老衰で亡くなり、うちに来たあの子が先住猫と同じように新しく来た捨猫たちをお世話してくれてます(^.^)

先住猫が元気になって我が家の一員になった猫

(見出しタイトル・)

実家でも猫や犬達がいたので、きっと自分も家族と同じようにひとり暮らしをしても動物と縁があるだろうなぁと思ってました。

ひょんなことなら先住猫と出会い、猫友達もできたり、やはり動物が生活の一部となるそんな毎日だったのですが、新しく来たちび猫のおかげで、先住猫もお年寄りだったのに子育てをして少し元気を取り戻したり、やんちゃ盛りの子猫を育てることで、しばらく帰らなかった実家の家族とも連絡を取り合うようになったりといろんな変化がありました。

今では母も可愛がってくれてます(^.^)子猫自身も先住猫に様々なことを教えられたみたいで本当の親子のようでした。

今ではどんな猫にも怯えることもなく、新しい家族として迎え入れてくれるとても素敵な猫になったと思います(^.^)

ひょんなことから我が家の家族になったちび猫ですが、やんちゃで可愛くて、それで甘えん坊でとても可愛いです。我が家の家族として来てくれて本当に良かったです。